20%超なら過払い可能性

六法全書

完済していれば実質無料

かつてほとんどの消費者金融は、28%や29.2%など3割弱の金利で融資を行っていた時代があったのです。実は、違法な金利なのです。利息制限法では、限度額に応じて15%〜20%を上限としています。100万円の限度額で契約をしていたのであれば、本来15%以下の金利で契約をしなければならないのですが、15%以上で融資を受けていたなら、それは違法な金利で融資をされていたということになるので、支払う必要のない利息まで支払っていたことになり、請求すれば取り戻すことができます。取り戻す場合には、債権者である消費者金融から取引履歴を取り寄せて、利息制限法以下に引き直し過払い金を計算するのですが、書面にて過払い金の請求額とその法的根拠、返還方法等を記載して債権者に突き付けます。当然素直に返してくれるわけではありませんのでそこから交渉です。しかし、複数の消費者金融会社に対して一人ですべて手続きを行うのは大変です。そこで、弁護士に依頼することです。債務整理に強い弁護士事務所であれば、1社ずつ交渉をしてくれ手続きを代行してもらうことができます。弁護士事務所の選び方としては、債務整理に強いこと、そして全国対応していることです。そして、債務整理の相談費用を無料にしていることです。相談費用無料は自身のあることのあらわれです。また、過払い金請求の債務整理は完済をしている方であれば着手金の費用を無料で受けてくれます。返還成功したら成功報酬の費用が発生するのですが、取り戻した過払い金から清算するので実質費用無料で行えます。

Copyright© 2018 弁護士に債務整理の相談するときの費用|無料にしているところが多い All Rights Reserved.