司法書士に頼むメリット

バッジ

安価な料金で手続き

司法書士に債務整理を依頼する最大のメリットは、弁護士に頼むのと比べると費用が安いところです。司法書士がもらう報酬は、弁護士と同様に自由報酬となっていますが、任意整理だと成功報酬は大差がないものの、着手金も0円〜2万円程で依頼できます。弁護士に依頼すると着手金だけで1社3万円〜5万円の費用がかかるのが相場です。これだけ安い費用で債務整理ができるなら弁護士に依頼するよりも司法書士の方がよいとなってしまいますが、司法書士に依頼するデメリットもあるのです。まず、1社140万円以下の債権しか取り扱えないことです。140万円の借金または140万円以上の過払い金があると、そこからは弁護士の業務の範囲内になります。そのため司法書士の費用と弁護士に債務整理を依頼する費用とダブルでかかってしまうこともあります。また、中には過払い金が140万円を超えていることが分かっていながら140万円以下で過払い金請求をして過払い金返還成功報酬を得ようとする悪徳な司法書士もいますので、注意が必要です。また、司法書士ができる債務整理は任意整理のみです。個人再生や自己破産の債務整理は法定代理人となることはできないのです。書類の作成は代行してもらうことができますが、裁判所への出廷は自分で行わなければならないです。個人再生や自己破産をしたほうが良い場合は、最初から弁護士に相談すべきです。借入れ金額が少なく任意整理をするのであれば、140万円以下なら司法書士のほうがよいです。

Copyright© 2018 弁護士に債務整理の相談するときの費用|無料にしているところが多い All Rights Reserved.